Friends

The friends of MAG art gallery, are among the institutional, corporate, and private collectors. To protect the privacy of our Friends, we would like to let you know just a few friends who over the years have given us their support and confidence. The closest partners are and will always be our artists! #magartist Institutional: Read more about Friends[…]

Condividi se ti è piaciuto!

Max Papeschi’s solo show in Kyoto

That s all folks Max Papeschi’s first solo show in Japan マックス・パペスキ 個展 “これでおしまい!” 9月30日(Tue) ~10月12日(Sun), 2014 12:00~19:00(最終日18:00迄) ※月曜休 ※初日9月30日17時より簡単なオープニングパーティーを開催します。 GALLERY TOMOは、イタリア、コモのMARSIGLIONE ARTS GALLERY(以下、MAG)との提携により、ミラノのアーティスト、Max Paeschi(以下、マックス・パペスキ)氏の展覧会を開催します。 マックス・パペスキは広範囲に認められているイタリア人若手現代アーティストの中でも中心的な存在であり、過去の評論では社会的に議論の的で政治的には無礼と言われるなど酷い否定もありましたが、世界の大箇所での沢山の展示で説明することで理解されるようになりました。 現在、作家としても活動しており、昨年の4月に彼の自伝“Vendere svatiche e vivere felici(ナチスを売りそして幸せに生きる)”が“Sperling &Kupfer”から出版されました。 いつも凄い皮肉で人々を驚かせますが、それは彼自身が近代、現代の歴史を熟知しそれを明らかにし、マスメディアのシンボルと歴史的なものを並べて、社会的、政治的問題を表現することでグローバルな社会に潜むネガティブな部分を理解してもらうというコンセプトに基づいたものです。 MAGはこのアーティストの個展を遡ること今年5月、サンフランシスコで展示を行い、続いて7月、コモ市役所の文化評議会の支援によりコモの2ヵ所(①San Pietro in Atrio (サン・ピエトロ アトリオ):via Odescalchi, 3 Como ITALY、 ②MAG:Via vitani, 31 Como)で個展を開催しました。現在では9月8日からフランス・パリでも展覧会を開催している、世界中へ精力的なツアーを行っているプロジェクトです。 1年間をかけて世界を回ったこのプロジェクトの成果により彼の作品は世界中で認知されつつあります。 “A Life Less Ordinary”で再評価された“Magazine Life(マガジンライフ)”で表紙を飾った作品、“From Hiroshima with love”のモノクロ作品、消費主義の香りと犠牲“The Nightmare Before Read more about Max Papeschi’s solo show in Kyoto[…]

Condividi se ti è piaciuto!
SHOW IN PROGRESS
MENU
Next exhibition